関西電力は、電力需要のために再稼動したいのではない | カレイドスコープ

 この記事を読んで、はてブを読みに行くと…。


「原発再起動は夏場の電力需要とは関係がない。」自分は大いに正論だと思う。コスト問題もあるがCO2排出問題や水素を大量に使う技術なんか原発がないと無理だろ。燃料の炭素源も考えるとむしろ使わないと未来がない。
はてなブックマーク - 関西電力は、電力需要のために再稼動したいのではない | カレイドスコープ

 こんな感じの「はてブコメント」が。idコールは怖くてできないな。
 私はこんな記事を読んでました。

●「原発はCO2を排出しない」?  「原発は温暖化対策になる」?
原子力発電はCO2を発生しないと言われています。確かに発電時にはCO2を排出しません。しかし、ライフサイクル全体では、火力に匹敵するCO2を排出しています。
今回の事故で明らかになったように、発電終了後も、冷却のために外部からの電気が何年にもわたって必要です。その電気のためにCO2が排出されているのです。
また、原子力発電所の冷却のために大量の水が必要で、その温水を川などに放水しています。原子力発電所からの熱で地球を暖め、地球温暖化をより進めることになります。
5分で分かる!原発がいらない理由|脱原発への道|NPO法人ネットワーク『地球村』

 どっちが正しいのでしょうね?

 まぁ。起きた事故の処理をイレギュラーなこと…と考えるか。はたまた、普通に、点検のために停止する時でも、すごく冷却が必要なのか?

 起きたことを「イレギュラー」と考えたら、色々と、未来が終っている感じがしますが。。。こまねち。