f:id:BARin:20100627155059j:image:left

右側の、
シングルモルトウィスキーが
ローズバンク「ROSE BANK」
私が敬愛する逸品である。
前回のカリラとは、
対極に位置する存在である。
このローズバンクから飲み始め、
カリラで終わる。
というような粋な飲み方をされると、


背筋がピンと張るような、
緊張が走るだろう。
シングルモルトとは、
飲み方が全てだ。
いくら銘柄を口だけで、
並べられたところで、
飲み方がバラバラなら、
一瞬で興ざめする。


シングルモルトは、
まずは軽いもの、
あっさりしたものから、
重いもの、個性の強いものに、
徐々に上げていくのが常識。
それには、本当に飲んでみないとわからない、


例を出すとまずはグレンリベット→
ハイランドパーク→
ボウモアとこんな感じだ。


更に凄いのはまず常温のギネスビール→
グレンリベット→
ハイランドパーク→
ボウモア→
ニコラシカこれはかなりの通だ。


一言も喋らなくても、
その人のBAR歴がわかる。
このように飲むのが、
なぜ粋なのかは、
また次の機会に、
わが町大正区で私は「高飛車」と、
言われる事が多いが、


こう人には、
低姿勢にならざる得ない、
いや知識などいらない、
マナーを知ってくれればそれでいい


店員をからかったり、
馬鹿にしたりするのは、
BARの遊びでは断じて無い、
うちの常連客には、
こういう粋な飲み方をされる方は何人かいる。


当店で覚えられた方も多い、
またカルテルも含めて、
組み合わせは無限にある。
自分だけのラインナップを構築して、
私を唸らせてくれる事を期待し、
更に私も負けないように、
今日も勉強している。
尚このローズバンクは、
BARin3世号の名前だ。


f:id:BARin:20100630193709j:image:left
今日も夕焼けは綺麗だ。
判りにくいだろうが、
前回と違い、
今日は、なみはや大橋のすぐ上に、
エメラルドグリーンが冴えている。
高性能のデジカメを、
買うまでお待ちください!